プロの目利き デキルデザイナーさんとのやり取りで思ったこと

クラスカード

7月5日 晴れ 池袋のミスタードナッツにて

おはようございます。松本です。

プロの人って素人には見えてないところが見えてるなぁと感じたことがありました。

先月からずっと、笑いのコミュニケーションスクールの会員カードを作ろうと思って、デザイナーの方とやり取りをしています。そして、やっと原案が決まりました。

こんな感じです。

会員カード原案

原案は僕が考えるんですが、デザインに落として表現してくれるのはデザイナーさんです。

僕がお願いしているのは、ライナストックというホームページを運営されているモリヌークさんになるのですが、とても良い!

ほぼ、僕のイメージ通りにしてくれる。

行間を読んでくれるというか、僕が考えていることを汲み取って表現してくれるというか、、、

もう僕がファンになっちゃってるんですね。笑

出来上がりを見て、カッコイイです!とコメントしたら、「私はまつもと様のアイデアを少しのアレンジを加えデータ化しているだけですので、
カッコイイのはまつもと様のセンスがイイからだと思います!」

とお返事されてしまい、結果僕が自画自賛してる図式になり恥ずかしかったです。

ご謙遜されてますが、でも「この少しのアレンジ」がめちゃめちゃ効いてるんです多分。僕ら素人では見えないところが見えているんだと思います。

僕も受講していただいた方に、端からは見えない少しのアレンジで、めっちゃ変わったと言われるようにしたい。

プロは普通の人には見えてないものが見えている。

ちなみに、この会員カードはCLASSCARDと言います。

会員さんのレベルが上がっていくことにより、クラスも上がりスタンプ的なものを押していきます。

クラスは全部で9クラスあり、上から

FIRST
PLATINAM
RICH
ATHLETA
STREET
SOFA
NEET
BONE
FOSSIL

となっています。まだ、どうなったら昇進するのかという明確な基準はまだ設けていませんが、受講された方に、目的を持ちやすくできたらなと思っての企画です。

カードの材質とか、文字の印刷の仕方とかこだわりたいですね。

カードを渡されて、「おおっ」って思ってもらいたいんです。

今日はここまで。

では。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる