梅雨と父と地震

6月8日 曇 池袋のミスタードーナッツにて

おはようございます。松本です。

来週は父の日です。僕の親父はは日本酒が好きなので、プレゼントは日本酒って決まっているんですが、嫁さんの親父さんの方が毎年悩みます。

そして、梅雨入りしましたね。雨はあまり好きじゃない。ってみんなそうですよね。

で、梅雨時期になると僕の親父のエピソードを思い出します。

ちょうど6月初旬の梅雨時期で雨がシトシトずっと降っていた頃でした。

僕が小学校4、5年の頃だったと思います。わくわく動物ランドっていう関口宏さんがやっていた番組があったんです。

で、家族で親父とオカンと僕と弟で見てたんです。

すると、猿の特集をやっていて、猿はボスザルを中心に群れを作り行動する。

ボスザルは他の群れのサルが餌を盗もうとしたり、攻撃したきたら、追い払って群れ守っている。さすがボスザル。見たいな内容でした。

それを見た親父が、僕たち兄弟に「お前らもあのボスザルみたいにならんといけんで」っと言ってきて、僕と弟も軽く「うん」と答えたと思います。

その後も普段あまり喋らない親父が饒舌になり、熱くボスザルを「はー!」とか「ほう」とかちょっとウザいくらいに褒めていました。

するとオカンが「お父さんはどうなんかね」と会話に入ってきて、「ワシは大丈夫よ、ははは」と自信満々に言っていました。

で、わくわく動物ランド終わって、寝ました。

ずっとシトシト雨が降っている静かな夜でした。

親父、僕、弟、オカンで川の字に寝てました。

 

「起きろ!地震だ!」と突然、親父が叫びました。ビックして目が覚めました。

その瞬間、震度4ぐらいの結構な揺れがグラグラっときました。

オヤジに助けてもらおうと思って、ウワーって親父の方見たらパンツ一丁のまま猛ダッシュで、シトシト雨が降る外へ逃げて行きました。

まさかでしたW

さっきまで、ボスザルについて熱く語っていたにも関わらず、僕たち母子を置き去りにしましたW

しばらくして、揺れがおさまりパンツ一丁の親父が、バツ悪そうにずぶ濡れで帰ってきました。

オカンは「何がボスザルだ!全然大丈夫じゃない!」と激怒していました。

オカンは激怒していましたが、僕はパンツ一丁でずぶ濡れの親父が面白くて笑ってしまいました。

今日はここまで。

では。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる