info@lollollol.net

エピソードトークが上手くなる5つのコツ

エピソードトーク

あの人の話しは面白い。あいつがいると場が盛り上がる。

そんな人たちの特徴は、「エピソードトークが上手い」事です。エピソードトークとは、自分の体験談を面白おかしくみんなに聞いてもらう、ちょっとしたテクニックだと思って下さい。

エピソードトークが上手な人は、飲み会だけでなく職場でも交友関係や人脈が豊富で周りに笑顔が絶えないはずです。

周囲を笑顔にする、そんな社交的な人になってみたいですよね?大丈夫です。ちょっとしたコツを覚えるだけで、あなたもエピソードトークができるようになれます。

◆面白いエピソードトークの素とは?

エピソードトークが上手くなる5つのコツ

テレビ・ラジオで聞くお笑い芸人のエピソードトークは、「ホントにそんな話しあったの?」というくらいに面白く、笑えるエピソードです。

お笑い芸人のエピソードトークとは、実体験に基づく(と思われる)話しに若干の(もしかしたらかなり)脚色をつけたものです。言い換えれば、「盛った話し」と言えます。では、お笑い芸人のような体験がない一般人である私たちが、エピソードトークの素とするものは何でしょう?

それは、やはり体験・実話・聞いた話なのです。つまり、話す人の経験したことが面白い、または面白く感じられないと面白いエピソードトークは出来ません。

とはいえ何をどうすると面白い話になるのか?とエピソードトークが苦手な人って多いと思います。かくゆう私もそうでした。いろいろ試行錯誤しながら掴めた最低限のエピソードトークのテクニックを5つ紹介します。

◆トークのコツ・その1:感受性を磨こう

エピソードトークが上手くなる5つのコツ

感受性とは、物事を感じる力。見る・聞く・嗅ぐ・食べる・触るの五感全てを使って自分の回りを観察して下さい。

例えば、空を見上げて雲を見る。感受性のない人間は、「雲がある」で終わってしまいます。これでは、自分で自分の人生をつまらないものにして、つまらない話ししか出来ないつまらないヒトに思われて当然です。

少し想像を膨らませて「あの雲、○○○に似てるな」そう思うだけでいいのです。
「おい、空に○○○が浮いてるぞ」と隣りの友人に言えば、「んな事あるかいっ!」とツッコまれる。

◆トークのコツ・その2:人を見て話そう

エピソードトークが上手くなる5つのコツ

TPO

誰かに笑ってもらいたいなら、その人に合わせた話しを心がけて下さい。
人を見て話せ、とはTPOを考えてその場、その人、その時々に相応しい話題で笑ってもらう事です。上司、女性が多い席なら下ネタはオブラートに包む、自慢話も避けたほうが良いでしょう。昔の話題もジェネレーションギャップが出そうな話題は封印、その場に居る誰もが笑える話題を探しましょう。

笑ってもらえる話題は自分の失敗談が笑いの成功率が高くなります。「寝坊して遅刻した」これだけでは面白くもなんともありません。

「寝坊して慌てて、駅まで走ったらパジャマのままだったんです。急いで家へ戻って着替えてきた結果、、、遅刻しました」笑ってもらえるのであれば、ちょっとの脚色したり、若干話を盛ってみましょう。

◆トークのコツ・その3:人で笑わせるな自分で笑ってもらえ

エピソードトークが上手くなる5つのコツ

その場にいない人を話題にして笑いを取ろうとする行為を陰口と言います。その場にいる人を執拗にイジッて笑いを取ろうとする行為をイジメと言います。陰口もイジメも笑いではありません。

自分の失敗や弱点を面白おかしく聞いてもらう行為だけをエピソードトークと言います。お気づきのように、先ほどの雲の話題も遅刻のネタも、自分の事で笑ってもらおうとしていました。その場にいる誰も傷つけていません。あえて言えば、自分で自分をイジッているだけです。

例えば、「オレさぁ、学生時代はモテたんだよ」これではただの自慢話で誰も笑えません。

「オレさぁ、学生時代はモテたんだよ、それも学生食堂のおばさんだけに。昼飯はいつも大盛りにしてくれて、おかげで今こんな腹になっちゃった」自分で自分をイジれば、太ったお腹すら笑いのネタになります。これを他人のお腹でやってはアウトです。

◆トークのコツ・その4:ハードルを上げるな

エピソードトークが上手くなる5つのコツ

ハードル

「面白い話があってさー」と自らハードルを上げない。
最初に、面白い話があってさーと話し始めてしまうと、ハードルが上がってしまいます。何も考えずに言っている場合もありますし、「これから面白い話をするよ、笑ってね」という意味で言っている場合もあります。

どちらにしろ聞く相手からすると、最初から何かオチがあるとわかってしまうので、話の落差を低く感じてしまいます。そして、これから面白い話をするんだな、最後のコメント考えなくちゃと構えてしまい、聞く方は素直に話が入ってきません。だいたいスベります。

ちなみに「スベッた!」と思ったら、「ごめん、これオモロない話だったわ」とスベったこと自体を拾ってネタにすると笑いにつながります。

◆トークのコツ・その5:オチを気づかれるな

エピソードトークが上手くなる5つのコツ

オチまたは結果を最初に言ってしまう。残念ながらこれは面白いエピソードトークになりません。
正確にいうと、最初にオチを言って、後から話全体を話すこと自体はエピソードトークなのですが、面白いエピソードトークになりません。推理小説でも最初から犯人がわかっていたら面白くないのと同じです。

話を前半(フリ)と後半(オチ)に分け、オチは最後までバレることがないようにしましょう。話の途中で、オチが読めてしまうと笑いが半減してしまいます。話の前半と後半と書きましたが、文の長さは同じでなくても構いません。オチは最後の一言だけという場合もありますので。

◆笑えるエピソードトークのために

エピソードトークが上手くなる5つのコツ

まとめ

1.感受性を磨こう
2.人を見て話そう
3.人で笑わせるな自分で笑ってもらえ
4.ハードルを上げるな
5.オチを気づかれるな
途中から命令口調になってました、すみません!
この5つを気をつけるだけであなたのエピソードトーク力は上がります。