講座やセミナーの冒頭で笑いがとりたいけどどうしたらいいですか?

7月1日 曇り 池袋のミスタードーナッツにて

おはようございます。松本です。

7月が始まり、年が半分終わりました。早い。

今日は、タイトルのような質問があったので、講座やセミナーでの冒頭で笑いがとりたい方向けの内容を書きたいと思います。

講師をされる方は講座やセミナーで最初にお客さんに笑ってもらって雰囲気をよくしたいですよね。

言いたいけどスベるのが怖くて言えない。または、笑ってもらえると思って言ってみた一言がスベる。

有名な講師だったら、そんなに気の利いたこと言わなくても、そんなことする必要ないかもしれませんが、駆け出しの頃だと、名も知られていないので、こちらが気負いしてしまいます。

場慣れしてくれば、感覚もつかめてくると思うのですが、場慣れしてないときにはどうすれば良いかについて書きます。

読み終えた頃には、セミナー冒頭で参加者にニコニコして頂けることができるようになります。ちなみに参加者は10名以内を想定しています。

結論から言いますと、少し意識を個々のお客さんに向けてみましょう。

普通、こんな感じだと思います。

ダジャレをぶっこんで大スベりする。

小ネタを披露する。

最近あった、クスッと笑えるエピソードを話す。

時事ネタを言ってみたけど、うまく講座の内容に繋がってる感じがしない。

緊張していますと言うと少し乾いた笑いは起きるけど、自信がないんじゃないかと思われているかもしれない。

こんなところでしょうか。

これはこれで間違ったアプローチではありません。と言うかこれくらいしか選択肢はない。

今日はここまで。続きは明日。

では。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる