人生の変わる朝の習慣|ひすいこうたろう先生の動画ベスト3

ひすいこうたろうさんのYouTube。

ひすいさんが自信がありますと断言している、この朝の1分習慣がすごいです。

1ステップ

胸に手を当てて優しく撫でて「今日もありがとね。一日よろしくね」と体に伝える

2ステップ

コップ1杯に水を入れて鏡の前で飲む。飲むときに水にこう伝えて飲む

「今日一日、とてつもなく素晴らしいことを起こしてくれてありがとう」

3ステップ

最後に想像を超える嬉しいことが起きた時に、するであろう最高の笑顔を鏡の前でして

その自分の瞳に「おめでとう」と伝える

僕もびっくりするほど良い出来事が起き始めた。やり始めて3日目に起こって欲しいことが起こってびっくりした。

人生の設定を変える大切さ

意識の向け方

ステップ1

無意識の設定や「思い込み」に気づく

ステップ2

その設定を「それ本当?」と疑う

ステップ3

新しく心ときめく「望む設定」に変える

お墓参りの本質

供養とは「供に養う」と書きます。なんまんだぶと唱える、報告をする、感謝を伝える、お願いをする、ではないのです。

「供に養う」とはどう言う意味でしょうか?

これは、ご先祖さまの想いを受け継ぐ。

ご先祖様と自分は切り離されたものではなく、自分の親、おじいちゃん、おばあちゃん、その親、その親の親、その親の親の親、その親の親の親の親と、生命が誕生した時から脈々を繋がっている現在の存在が自分です。

そこで、供に養うとは、ご先祖さまのやり残したことを自分が代わりにやりますと伝えす。

これが自分の体を味方につけることになります。

ビートたけしさんは仏壇にご先祖の写真に加え、尊敬する師匠や黒澤明の写真を置いて、毎朝手をあわせる。

そして「やり残したことは何ですか?俺が全部背負います」と引き継いでいるとお話しされています。

困難ばかり来る、ニッチもサッチも行かない状況でも、お墓参りをするとなぜか事態が好転する。

理屈はわからないけど、そんな事例が多い。

また、英語の「succeed 成功する」の語源は引き継ぐ、受け継ぐ。

人類の見えない方程式があるような気がします。

目次