同じ事象で笑える人と笑えない人の違いは何か?笑い筋が弱い人は笑えない

講座をやっていると、同じ事象を見て笑える人と笑えない人の違いってなんなのか?と思います。

笑いのツボが多いか少ないかと言ってしまうとそうなんですが、なぜ多いと少ないがあるのか?と思います。

自分で言って自分で笑う人は他の人のことでも笑えます。

笑わない人はやけに笑いに厳しかったりします。

自分の基準を他人に押し付けているとも言えます。

「なぜこれが面白いんだろう」で止まってしまっている状態です。

または自分が言って笑ってくれなかったから、これで笑いが起きるのはおかしいと思っているのだと思います。

逆です。

自分が笑うから周りも笑ってくれるだけです。

笑いのセンスもない人の一言なんてほとんど面白くないわけです。

自分を特別扱いしても意味ないですよ。

よかったらシェアしてね!

笑いのコミュニケーションスクールの入門講座 オンラインで参加できます!

笑いのコミュニケーションスクール入門講座

目次
閉じる