冗談が言えない理由

冗談が言えない

冗談言いたいんだけど、怖くて言えない。

こんな相談を受けました。

何をそんなに恐れているのか聞いてみると

 

 

ネットで見た、ちょっとした面白い話や冗談を言って

それまでの自分では出てこないようなフレーズだった場合

冗談を聞いた相手に「それ自分で考えたことじゃないだろ?」

とツッコまれるかも知れないと思って言えない。

 

 

そうですよね。

自分の考えたことじゃないのに

あたかも自分で考えたかのように言っているので

 

 

バレた時、嫌ですよね。

でも、いいんですよ。

 

何も芸人さんじゃないので

面白いと思ったことをそのままマネしたらいいんです。

 

ちょっと恥ずかしいと思っても

「あれ?バレた?面白かったから使っちゃった」

「そう、ウケると思って」

 

ネットとか見て自分で面白いと思ったから

他の人も面白いと思うんじゃないかと思って使った。

って、本心を言えばいいんですね。

 

 

おそらく

「オリジナルで面白いこと言わないと、、、」

と思ってらっしゃるでしょ^ ^

僕もそうでした笑

 

でも、ネットとか発達してるし

世の中にもうオリジナルで面白いことなんてないんですね^ ^

 

自分が思いついたことなんてどこかで、誰かが言っているものなので

自分のオリジナルである必要なんて全くないんですね

 

 

僕も昔、パクっちゃダメだみたいな感覚があったんですけど

自分一人の考えなんてたかが知れています。

面白い人のを真似した方が確実に面白くなります!

 

なので、見聞きした面白いをどんどん真似してほしいです。

そして、バレたとしても

「あれ?バレた?」と軽〜く、明るく返しましょう。

それに対して「なんだマネしやがって」と怒る人なんていません。

 

 

自分の中に「マネすることは悪いこと」

みたいなマジメな感覚があるから

 

マネすることが後ろめたいと思っているから

「あなたのオリジナルじゃないんでしょ?」と言われると思ってしまい

踏みとどまってしまうのです。 

 

大丈夫ですよ!むしろ全て世の中マネごとで成り立っているくらいです。

あの松下電器(現在のパナソニック)だって最初はマネばかりしていてマネした電器って呼ばれてたんですからあなたも全然マネから始めたらいいんです。

 

では!

 

The following two tabs change content below.
松本 えるおー
笑いのコミュニケーションスクール講師・運営
よかったらシェアしてね!

笑いのコミュニケーションスクールの入門講座 オンラインで参加できます!

笑いのコミュニケーションスクール入門講座

目次
閉じる