会話やコミュニケーションの悩み|周りからマジメだと思われていて冗談を言っても冗談と受け取ってもらえない

真面目に見られるし実際真面目なので、面白いことを言ったつもりでも、私が言うと笑うところだと分かってもらえない気がするので、ますます言えません。実は普段の会話でも笑ってもらって楽しんでもらえる人になりたいのですが、どうしたら良いでしょうか?

これは、マジメな人あるあるですよね。

マジメな人と認識されている人や面白いことを言わないキャラ認定されている場合、たまに冗談を言っても次の2つが原因でスルーされてしまいます。

① そもそも冗談をいっていると思われない。

② 冗談だと思って乗っかって本気だった場合、気まずくなるから

なので、まずはあなたを冗談を言う人だと認識してもらう必要があります。

あなたが冗談をいったのにスルーされたら笑顔でこう言いましょう。

「今の冗談だったんだけど、スルーだったんでめっちゃ恥ずかしいです」😊

あなたが冗談を言ったということを伝えましょう。

「今の冗談だったんだけど」で終わってしまうと笑うのを強制しているような空気になるので、自分が恥ずかしかったというと感情を見せて笑いの方向に持っていきます。

何度か繰り返すことで、周りも(この人は冗談を言う人)と認識するようになります。

質問です。以下の図で「関」の漢字は何個あるでしょうか?

 

答えはここをタップすると出てきます

おそらく100個と思われたのではないでしょうか?答は99個です。一つだけ「聞」があります。

1個だけ「聞」があっても「関」と思い込んでしまうのです。

これと同じ様にあなたがたまーに冗談言っても、冗談と認識してもらえないのです。

クイズと同じで、急にギャグを言ったりネタ的な話をしたりしても周りが冗談だと認識してくないんですね。

普段からちょっとしたクスッとするような笑いを取れていないと、マジメに何か伝えようとしているのでは?と思われたり、意図がわからなくスルーされたします。

そして、単発で冗談言ってもやはり気づいてもらないので普段から冗談を言えるように切り口を持ちましょうね、と言うのが結論となります。

そのために、笑いのコミュニケーションスクールでは笑いが起きる3つの原理をお伝えしています。

ご興味ありましたら、講座ページをのぞいていただけると嬉しいです。

では。

目次