info@lollollol.net

コミュニケーションを学ぶ5つのメリットとおすすめの学び方

コミュニケーションを学ぶ5つのメリットとおすすめの学び方

 

「コミュニケーションを学びたい!」
「でもどうやって…」
「メリットはあるの?」

コミュニケーションが大事だと思っていても、どのように学べばいいのか分からないということも多いでしょう。また本当に学ぶ必要があるのだろうかと考えている人もおられるかもしれません。

ここではコミュニケーションを学ぶメリットについて詳しくお伝えし、実践的に学ぶおすすめの方法についてもお教えいたしましょう。

○コミュニケーションを学ぶ5つのメリット

コミュニケーションを学ぶ5つのメリットとおすすめの学び方

コミュニケーションを学ぶ5つのメリット

  • 人と信頼関係を築くことができる
  • 状況に応じて分かりやすく伝えることができる
  • 聴き上手になって相手の心を引き出すことができる
  • 相手の立場や価値観でものごとを見ることができる
  • 相手に興味を持って会話をすることができる

コミュニケーションを学ぶとこんな5つのメリットを実感できるようになります。順番に見ていきましょう。

・人と信頼関係を築くことができる

人から信頼してもらうためにもっとも大事なことは「コミュニケーション」です。つまりコミュニケーションを学ぶことは、信頼してもらうための基礎作りと言ってもいいでしょう。

あなた自身がコミュニケーションスキルを磨くことによって、相手から興味関心を抱いてもらえるようになります。相手の気持ちを汲んで会話することができ、相手のペースで心地よく気持ちを引き出すことができるので、コミュニケーションの中に信頼が生まれるのです。

・状況に応じて分かりやすく伝えることができる

コミュニケーションの基本は、「分かりやすく伝えること」と言ってもいいでしょう。分かりやすく伝えることができれば、コミュニケーションの中に安心感が生まれます。安心できる人は信頼することができるのです。

難しく正論を伝えてもらっても、気持ちが滅入ってしまい、苦手意識を持たれてしまいます。本当に必要なスキルは、難しいことでも分かりやすく伝えることができるスキルなのです。

・聴き上手になって相手の心を引き出すことができる

コミュニケーションスキルの高い人を観察すると、相手の会話量が7に対して、自分自身が3の割合であることが分かります。聴き上手になって、うまく相手の胸の内を引き出していることが分かります。

聴き上手になれば、どんどん話したい内容を引き出すことができますから、相手にとっては「すべて吐き出すことができた」と満足できます。つまり聴き上手は引き出し上手であるというわけです。

・相手の立場や価値観でものごとを見ることができる

相手の心を視点にしてコミュニケーションできる人は、信頼と安心感を得ることができます。コミュニケーションとの場面においては、どうしてもアドバイスや正論が主体となりがちです。

しかしそもそもそのような内容を聞きたいのではなく、単に気持ちを吐き出したい、自分の気持ちを分かってもらいたいということが多いものです。相手の立場や価値観でものごとを見ることができる人は共感力の高い人だと言えます。だから苦しい胸の内をすっきりと吐き出すことができ、会話に満足が得られますから「また話したい」と思われるようになるんです。

・相手に興味を持って会話をすることができる

相手に興味を持つことは、相手にとっても心地よく会話ができる要因となります。コミュニケーションは、相手に興味を持つからこそ弾むものではないでしょうか。興味を持つことができなければ、心地よい話なんてできないでしょう。

コミュニケーションスキルの高い人は、相手の立場にたってものごとを捉えようとしますから、必然的に相手に興味を持つことから会話がスタートします。相手にとっても気持ちよく会話できますから、どんどん胸の内を吐き出すことができるのです。

○コミュニケーションおすすめの学び方

コミュニケーションを学ぶ5つのメリットとおすすめの学び方

コミュニケーションおすすめの学び方

  • セミナーや教室、スクールを利用する
  • 本や動画などを利用する
  • コミュニケーション関連資格を取得してみる

コミュニケーションを学ぶ方法は、上記3つのポイントに分けることができます。しかしコミュニケーションは、人とのかかわりの中で学んでいくもの。セミナーや教室、スクールを利用しながら、補助的に本や動画を活用したり、資格にチャレンジしてみることがいいでしょう。

・セミナーや教室、スクールを利用する~会話の潤滑油『笑い』を学ぶことが大事

セミナーや教室、スクールでコミュニケーションを学ぶことはもっとも実践的な学び方だと言えます。どのような視点でものごとを捉え、どのように思考し、どのように受けごたえするべきか、論理的に学ぶことができます。

とはいえ学術的に学ぶだけでは、せっかく楽しいコミュニケーションがしたくても、なかなか思うような成果が得られないこともあります。

コミュニケーションは「笑い」が大切です。会話の潤滑油ですから、ワンランク上のコミュニケーションを本当に意味で身につけたいのでしたら「笑い」を学べるコミュニケーション講座が役に立ちます。

・本や動画なども補助的に利用してみる

コミュニケーションを学ぶためにははたくさんの書籍が販売されていますし、ユーチューブなどで数多くの動画を視聴することも可能です。コミュニケーションを学ぶための「補助教材」としてはとても有効なものだと考えています。

ただしコミュニケーションをしっかりと身につけたいという人であれば、本や動画だけでテクニックを学んだとしても活用することは難しいでしょう。やはりコミュニケーションは人と人とを結ぶためのもの。リアルな講座を受講することによって、コミュニケーションの本質を学ぶようにして、補助的に本や動画を活用することがいいでしょう。

・実践で使えるようになれば関連資格も取得してみる

セミナーや教室、スクールでコミュニケーションを学んで実践でも活かせるようになれば、コミュニケーション関連資格にチャレンジしてみることもいいでしょう。

コミュニケーションを学んだという『証』として有効ですし、自分自身のスキルを示すこともできるようになります。ただし資格の中には少し独学しただけで取得できるようなものもあり、これではコミュニケーションスキルを高めることができませんので結局は活かすことができません。

コミュニケーションを学びたいという人は、「資格」がほしいからではないと思います。やはり誰とでも楽しくコミュニケーションできるスキルを身につけることが大事です。学びの基本はセミナーや教室、スクールになってきます。

○まとめ

コミュニケーションを学ぶ5つのメリットとおすすめの学び方

まとめ
コミュニケーションを学ぶ5つのメリットをお伝えしました。

  • 人と信頼関係を築くことができる
  • 状況に応じて分かりやすく伝えることができる
  • 聴き上手になって相手の心を引き出すことができる
  • 相手の立場や価値観でものごとを見ることができる
  • 相手に興味を持って会話をすることができる

コミュニケーションは人間関係の行き詰まりを解消できるものです。学び方はさまざまですが、やはり実践的に学べるセミナーや教室、スクールがおすすめです。楽しく学びながら、コミュニケーションスキルを高めていきましょう。

プレゼントPDF