会話やコミュニケーションの悩み|笑顔が大切なのはわかるけど、どんなシチュエーションですか?

笑いのコミュニケーション講座を開催して、最後に質問タイムを設けているのですが、「笑顔が哀切はわかるのですが、どんなシーンですか?笑って注意された経験があって笑わないようにした」

私は笑顔と笑うの認識が混同しちゃってるのかなと思ったので

「ちなみにどんなシーンですか?」と聞きましたが、はっきりとは覚えていないとのことでした。

このような覚えていないケースは結構多く、イメージで話しているケースが多いです。

抽象的で具体的ではないのです。実際には経験していない、自分の思い込みで発言していることもあります。

おそらく、笑ってはいけないシーンで笑っちゃってるのではないかな、と思いました。

例えば

営業成績が悪くて叱られているのに、ヘラヘラしている。

相手がシリアスな悩みを相談しているのに、ヘラヘラしている。

TPOをわきまえていないと笑いは不謹慎なものになってしまいます。

特に笑顔が大切なのは

初対面、商談を始める前、商談での雑談時、仕事のちょっとした立ち話、待ち合わせで会った時、相手の話を聞く時、他愛もない会話をする時、多くのシーンで笑顔だと良い状況が生まれます。

逆に笑顔ではいけないシーンを考える方が早そうです。

人と向き合って話しているときで、相手が怒っている時、シリアスな内容の時、真剣に相談をしている時、悩みの相談をしている時、困ってお願い事をしている時、、、

思いつくのこれくらいなんですよね。

結構、わかりやすいと思うのですが、、、なぜ笑ってはいけない時がわからないと相談されたのだろう。

よく思い出すと「笑う」って言ってたんですよね。

笑顔じゃなくて。

笑顔と笑うを混同して考えているのかな。

今後も考察していきたいと思います。

目次