話がまとまるPREP法講座 NO1 PREPの型

目次

話がまとまるPREP法 PREP法の型

PREP法とはPoint,Reason,Example,Pointの頭文字をとっています。

それぞれの単語ですが、Pointは結論、Reasonは理由、Exampleは事例または根拠(Evidence)、Point結論の意味になります。

最初に結論を言います。その後に理由根拠をあげ、事例を続けます。そして最後にまた結論。この順番で話すと、相手にもわかりやすいと言われるし、自分もすごく整理して話すことができます。

コミュニケーションをとるときに、まずはわかりやすく話せる方法を知っておくと便利です。

プレゼンやエピソードトークでもこの型を知っておくとトーク力が格段上がります。

わかりやすい話ができるようになるPREP法のスキルアップ動画です。

よかったらシェアしてね!

笑いのコミュニケーションスクールの入門講座 オンラインで参加できます!

笑いのコミュニケーションスクール入門講座

目次
閉じる