会話が続かない口下手さんでも使える便利なフレーズ12選|コミュ力アップの具体的なフレーズをご紹介します

会話が続かない口下手さんでも使える便利なフレーズ5選

会話の中で意識して使うと便利なフレーズがあります。

それを使うことによって、会話がスムーズに返せたり、つなげたりすることができます。

僕が観察してきたコミュ力の高い人はうまいつなぎ言葉を持っていました。

同じようにマネをして使うと、違和感なく話のつなぎができてとても便利だと感じて使っているものがありますのでご紹介します。

便利なフレーズ1「ちなみに」

便利なフレーズ「ちなみに」です。

話を始めるときの枕詞のようなフレーズです。全然ちなんでいなくても、なんとなく話を続けるときに便利なフレーズです。

「ちなみになんだけど〜、」

「ちなみに、さっきの話なんだけど」

言葉にさほど意味はありませんし、相手もいちいち「なんでちなみに?」なんて聞いてきません。「えー」とか「えーと」のようなものです🤗

 

 

便利なフレーズ「それから?」「それで?」

便利なフレーズ「それから?」「それで?」です。

相手の話に興味を持っているよと伝えることができます。

「それから?」と聞くと、”その先どうなったの?聞きたい”というニュアンスになります。

この1フレーズを何回でも使えるという、便利ワードです。

うなずき、や「はい」以外の肯定的フレーズとして使えますので、レスポンスのワンパターン化を防ぐことができます🤗

 

 

便利なフレーズ「いいですねー」

便利なフレーズ「いいですねー」です。

話を聞いた直後の一言目に「はい」の代わりに使ったり、褒めるときに使えます。

まず肯定して褒める、後から理由を考える。

最初に「いいですね」とか「いい」と言ってしまうといい理由を考えざるを得ません。

ポジティブフィードバック矯正ギプスのようなフレーズです。

 

 

便利なフレーズ4「だとすると〜」

便利なフレーズ「だとすると」です。

相手がボケてきた時に、そのままその話に乗っかって話をつなげることができるフレーズです。

「だとすると」と口にすることで本当にそうだったらと考えざるを得ない状況が作れます。

会話を拾っていくことで、ボケ甲斐があると思われて話しかけられやすくなります。

ボケたがりの上司に確実に可愛がられるようになりますよ🤗

 

 

便利なフレーズ「もし〜だったら」

便利なフレーズ「もし」です。

「もし」という考え方を持っておくと、相手の話を聞いて話を膨らませる時に便利です。

「もし〇〇だったらいいね」

「もし〇〇だったらやだな」

「もし〇〇なら、こうなるんじゃない?(未来を予想)」

「もしかしたら、〇〇が原因だったんじゃない?(過去を予想)」

この4フレーズで会話を膨らませることができます。

 

 

便利なフレーズ「例えば?具体的には?」

便利なフレーズ「例えば?」です。

話を広げようとしても思いつかない時に、「例えば?」「具体的には?」と言って時間稼ぎとして使えます。

相手はさらに細かく言ってくれるので本当に話が広がることを引き出せます。

無意識で使っている時もありますが、意識的に使うことによって相手の話を引き出すのに便利なフレーズです。

 

 

便利なフレーズ7「だからなんだって話なんですけど」

便利なフレーズ「だからなんだって話なんですけど」です。

ネタとしてあまり面白くない話をするときに使います。

話をして相手が「だから何なんだ」と思っていそうな時

最後に「まぁ、だからなんだって話なんですけど」っていうと、聞いてる相手が思っていることを言い当てられた感じになるので笑いが起きます。

 

 

便利なフレーズ「ごめん、いいすぎた」

便利なフレーズ「ごめん、いいすぎた」です。

調子に乗りすぎて思ってもみなかった言葉が出て相手にダメージを与えてしまったり、冗談で言ったつもりなのに相手の表情が曇ったりした場合、すぐに謝りましょう。

「ごめん、言い過ぎた。悪気があったわけじゃないんです」

悪気があって言ったんじゃない、その場がウケると思って言ったとすぐに謝れば禍根を残さずにすみます。

 

 

便利なフレーズ9「〜知らんけど」or「わかんないけど」

便利なフレーズ「知らんけど」です。

関西の方がよく使いますね。

最後に知らんけどっていうと、責任がなくなるか感じがするので、その前になんでも言えてしまう便利なフレーズです。

冗談を言うハードルも下がりますね

 

 

便利なフレーズ10「切腹します」

便利なフレーズ「切腹します」です。

軽〜くお詫びをするときに便利なフレーズです。

お詫びの言葉だけだとちょっと寂しい時に便利です。

「なんかすいません、、、切腹します」

大袈裟に言うことで、ヘビーにならず相手をクスッとさせることができます。

 

 

便利なフレーズ11「拾ってあげたいんだけど、ちょっとしんどい」

便利なフレーズ「拾ってあげたいんだけど、ちょっとしんどい」です。

相手があからさまに笑わせてきているけど、そこまで面白くない場面ってありますよね。

リアクションをしないのも可哀想ですし、毎回ウソ笑いしてもこっちが疲れちゃいます。

例えば、会社の先輩が「このつくね、熱っくね?」と言ってきた。

先輩の顔を見ると笑って欲しそうな表情をしています。

こんな時に「拾ってあげたいんですけど、ちょっとしんどいっス」

と言ってあげると、経験上99.9%笑い取れます🤗

 

便利なフレーズ12「〜〜って聞いてもいいですか?」

便利フレーズ「〜〜って聞いてもいいですか?」です。

聞きづらい質問をする時の便利な言い回しです。

例えば初対面などで、結婚している?とか子供いるの?とかちょっとプライベートなことを聞くときに便利な方法です。

「結婚してるかって聞いてもいいですか?」と許可を入れる感じにすると、聞かれる方も配慮を感じられハードルが下がって便利です🤗

 

 

以上、会話のつなぎや返しで便利で言いやすいワードをご紹介しました。

ぜひ使ってみてください!

では。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

笑いのコミュニケーションスクールの入門講座 オンラインで参加できます!

笑いのコミュニケーションスクール入門講座

目次